コーヒーで脳を元気に

「ほっ」としたいときや、眠気覚ましにとコーヒーを飲む人が多いですよね。

コーヒーに含まれるカフェインの効果として良く知られているのが、眠気を防ぎ作業能率を上げるということです。

でも、コーヒーは眠気を覚ます効力だけがあるわけではありません。

コーヒーは、脳の疲労を防ぎます。だから「眠気覚ましにコーヒー」と言われているのです。

脳の疲労を防いでくれるので、仕事や勉強の効率をあげてくれるというわけですね♪

コーヒーに含まれているカフェインは、脂肪細胞の中に入って、脂肪を分解する酵素の働きをよくしてくれます。

そのため、体に蓄積された脂肪に働きかけ、分解を促進して血中に脂肪酸として放出してくれますので、ダイエットにも効果があるとされているのです。

でも、だからといって「コーヒーだけで痩せられる」というわけではないので注意してください。

いい事尽くめのような気がするコーヒーですが、残念な部分もあります。

それは、「脳の迷走神経を刺激して胃酸を分泌させる働きがある」という点です。

朝起きたときや食欲がないときなどに「コーヒーを飲む」という人は少なくないでしょう。

コーヒーに含まれているカフェインには、確かに脳を活性化してくれる働きがあるのですが、朝食抜きの空腹時に飲むと、カフェインが脳の迷走神経を刺激して胃酸を分泌させてしまいます。

こうなるとどうなるか? 胃が荒れてしまうのです。

砂糖が苦手で、コーヒーを飲むならブラックという人もいますが、朝食代わりのブラックコーヒーはさらに胃を荒らしてしまう原因になりかねません。

もし朝一番にコーヒーを飲むのであれば、牛乳たっぷりのカフェオレにするようにしましょう。

これならば、甘いのが苦手な人でも抵抗なく飲めると思います。

また、貧血気味の人はコーヒーを控えた方がいいですね。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は鉄分と結合しやすいため、鉄分の吸収が少し悪くなってしまうからです。


北九州市の腰痛・膝痛・肩こり整体ならお任せ!
快整体院 北九州のご予約は093-921-5515まで
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日 :日曜日、祝祭日
所在地 :北九州市小倉南区城野4-1-3


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ