腰痛について

どこに行っても腰痛が治らないあなたへ
こんな腰痛で悩んでいませんか

現代医学が考える慢性腰痛の原因

外科・整形外科などの現場では、慢性の腰痛などの原因は骨が変形すると痛い、神経が圧迫されると痛いなどであるという考えが一般的です。

したがって、腰痛で整形外科などを受診すると、その理論から考えられる原因(椎間板や骨の変形など)を探すためにレントゲン、MRI、CTスキャンなどの画像診断を行います。

しかし、レントゲン・MRI・CTスキャンなどの画像診断をしてもどこにも問題が見つからなかったり、原因であるはずの椎間板の突出などをとっても腰痛が改善しない・・・などという話をよく耳にします。

実は骨の変形や神経の圧迫などが存在する腰痛は全体の15%ほどで、そのほとんどが原因不明と言われています。

その原因不明の腰痛(全体の85%)は骨や神経が原因の腰痛に分類され、それに沿った処置が行われている場合が多いのです。

また、原因がはっきりする腰痛のない健康な人の椎間板を調べたところ、椎間板の異常はごく一般的に見られ、むしろ椎間板の変性がある方が腰痛発 生率が低いことが研究で報告されています。(Boden SD. et al : J Bone Joint Surg Am, 1990) (Jensen MC. et al : N Engl J Med, 1994)

これは一般に考えられてきた腰痛の原因「骨の変形や神経の圧迫」が慢性腰痛の原因ではない場合が多いと言うことを表しているのではないでしょうか。

慢性腰痛の新しい考え方

そこで近年、慢性痛は物理的・精神的ストレスなどを根本原因にしたストレス性筋炎と脳や神経回路の誤った記憶が原因であるという説が注目されるようになりました。

これは今までの骨や神経の損傷が原因であるとする理論とは異なり、その原因を筋肉の炎症や痛みの記憶に求めたものです。

物理的要因による慢性腰痛

発生メカニズム

通常、痛みを引き起こす発痛物質は外からの刺激(怪我など)によって発生しますが、それ以外にも運動不足による筋力低下や姿勢の悪さから来る体のアンバランスが筋肉を必要以上に刺激し、そこから発痛物質が発生することもあります。

運動後の筋肉痛は自然に筋肉内の微小な傷が治るため、3~7日もすると収まります。

しかし同じ動作の繰り返しや姿勢不良などによるアンバランスな動きは特定の筋肉に常に刺激を与えることになります。そうするとその刺激によって発生する筋肉内の微小な傷はなかなか治らず、だんだんと硬く短縮しやすい筋肉に変化します。

硬くなった筋肉は当然、血行不良を起こします。

血行不良になった筋肉からは外部からの刺激と同じように発痛物質を発生させるので、脳がそれを腰痛として認識します。

発生要因

★カラダのひずみ

背骨は横からみるとほぼS字カーブ(生理的湾曲)を描いています。

筋肉バランスの関係などで若い人はこのカーブが強すぎる傾向にあり、年配の人はカーブが弱すぎる傾向にあります。

どちらの場合でも上半身の重さをうまく分散できないため腰に負担がかかりすぎて腰痛の原因となります。

また、後ろから見た背中は通常腰からまっすぐに伸びているのですが、背筋のアンバランスなどによっては左右どちらかに傾いていたり、ひずんでいたりすることがあります。

これも腰や肩など体のいろいろな部分に負担がかかる原因の一つです。

その他、私たちがスムーズに動かない部分を補うためにする修正行動も体のひずみを起こす原因になります。

たとえば膝に何らかの問題が生じたとしたら、その部分をかばうために膝以外のどこかでバランスを取るように動きます。

膝をかばっているのが腰であれば、腰回りの筋肉にその負担がかかります。

無理な姿勢からくる負担によって腰の筋肉は次第に凝り固まってきて血行不良から酸素不足になり、痛みを発生するのです。

このとき、体の姿勢はバランスを崩し完全にひずんでいます。

歪んだ姿勢は腰以外にもあちこちの筋肉に筋緊張を起し、筋緊張による血行不良から痛みを発生させます。

このように私たちのカラダは全身でバランスをとっているため、一部の不具合が時間をかけて色々なところの問題に発展することがあるのです。

★筋力の低下

私たちのカラダは色々な筋肉が連動してムダのない、スムーズな動きをしています。

これが運動不足などで筋力が低下した場合、その部分が体を支えられず正しく動かなくなります。

体を支えられない部分があると姿勢が悪くなったり、その部分をかばうような動きで他の筋肉に負担のかかる動作をするようになります。

そうすると筋肉の柔軟性が失われ、姿勢の左右バランスが崩れ、関節の動く範囲が狭くなります。

こうなるとさらに負担がかかり、それに耐え切れなくなった筋肉は痛みを発生させます。

カラダが痛いとだんだん体を動かさなくなり、体を動かさないためにさらに筋力が低下して痛みがひどくなるという悪循環になります。

ストレスによる慢性腰痛

発生メカニズム

日常生活で受けるストレスが痛みを発生させる場合があります。

通常、痛みは何らかの外部刺激によって発生するものですが、精神的に強いストレスを受けた場合でも痛みを感じることがあります。

このような強いストレスは私たちのカラダの交感神経や運動神経を強く刺激して緊張させます。

するとその刺激によって血管が収縮し血行が悪くなるので、筋肉に酸素が行き渡らなくなり酸欠状態になります。

この筋肉の酸欠状態はブラジキニンなどの発痛物質を発生させるので、その信号を受けた脳が痛みを感じるようになります。

発生要因

私たちが受けるストレスは様々なものがあります。

通常ストレスといえば仕事などで受ける精神的プレッシャーを指すことが多いのですが、実際には「精神的ストレス」「社会的ストレス」「痛みによるストレス」をいったものが存在します。

精神的ストレスは、緊張や悩み、不安、抑うつ、怒り、性格的なもの(完全主義や悲観主義)から起きるストレスで、大きな枠でのストレスを指します。

それに対して社会的ストレス(仕事、家庭、人間関係など)はもう少し具体的なもので、不満のある仕事、職場での人間関係、職場の社会的地位、業績に対するプレッシャー、経済的問題、社会不安(ニュースから得る社会問題)などから起こるストレスです。

また、痛みもストレスの原因になります。このストレスは、痛みに対する恐怖、痛みからくる気分の落ち込み、痛みに対して過敏になる、痛みは取れないと信じ込んでいる状態からくるストレスです。

慢性痛に関係のある心理的要因は色々あり、それらが複雑にからみ合っています。

これらのストレス要因が多ければ多いほど症状が慢性化する確率は高くなります。したがって自分の受けているストレス要因を見つけ出し、一つづつ解決することが大変重要になります。

痛みの記憶による腰痛の発生メカニズム

そのほかにも、私たちの脳が過去の経験や記憶によって勝手に血管の収縮を命令することもあります。

また、痛みを記憶するのは脳だけではありません。長期間、持続して痛みの信号が送られると、その信号は一種の記憶として中枢神経などの神経回路に残り、痛みの原因がなくなったあとも(患部の炎症は治っても)痛みの信号を送り続ける場合もあります。

両脚を切断した患者が、ないはずの足の指に痛みを感じるという話を聞いたことがあるでしょうか。

存在しない足の指が痛い・・・。

これは明らかに脳や神経回路が記憶していた痛みの信号を送っているために起こる現象です。

ちょっとしたことでも激痛を感じたり、怪我が治ったあとも、いつまでも痛みが取れないというような慢性痛の症状はこのようなメカニズムによって発生すると考えられています。

快整体院 北九州のご予約快整体院 電話番号
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日 :日曜日、祝祭日
アクセス:整体院アクセス地図
ご予約の際は ★お名前 ★ご希望の日時 ★お悩みの症状 をお申し付けください。

このページの先頭へ