食べないと痩せるの勘違い

ダイエットをしている人の中で勘違いしている多くのことが「食べないと痩せる」という考え方。

確かに食べないと痩せるのは間違いありませんが、身体には大変な負担がかかるので食べずに痩せるというのは、ただ「不健康の道をまっしぐらに突き進んでいる」ということになります。

例えば炭水化物ダイエット。

これは体内で糖に変わる炭水化物をカットすることで痩せるというものです。

炭水化物の代表はお米や麺類などですが、日本人はこれらの穀物を大変多く食べるので、それをカットすると必ず痩せます。

しかし、完全にカットすると身体が必要としている糖質が不足するのでよくありませんし、集中力もなくなってきます。

それにお米や麺類が大好きな私達日本人がこのダイエットをすると長続きしません。

その上やめてしまった後にはその反動で必要以上の炭水化物を取る傾向にあり、リバウンド率はとても高くなります。

私の知り合いの女性は、以前炭水化物ダイエットをしていましたが、まさのこのパターンでリバウンドをしました。

炭水化物ダイエットも含め、食事制限のダイエットは「食べない」ではなく「食べる量を減らす」方向で調整することが大切です。

たとえば御飯の量を今までの半分くらいにする、3食の中の1食をリンゴのみにする、朝食はフレッシュ野菜ジュースとヨーグルトだけにするなどです。

はじめからガッツリと量を減らすと空腹が我慢できないので、時間をかけて少しずつ量を減らして体を慣らすようにしましょう。


北九州市の腰痛・膝痛・肩こり整体ならお任せ!
快整体院 北九州のご予約は093-921-5515まで
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日 :日曜日、祝祭日
所在地 :北九州市小倉南区城野4-1-3


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ