寒い時は太ももを暖めよう

冷え性の人は意外と多いですね。

だいたいの女性は冷えを感じる事が多いですし、私自身も、冬場に足ゆびの先が冷えてツライです。

体の冷えがとれないため、布団に入ってもなかなか体が温まらず、寝付かれないという人もいるのでは?

そのような全身の冷えでお悩みの方は、日中、仕事で座っている時に湯たんぽをももの上に置くようにすれば就寝時の冷えが改善してよく眠れるようになりますよ。

ももに湯たんぽを置くことで、ももで温まった血が全身を巡り、効率よく体を温められます。

日中の血行が良くなると、夜の冷えも改善するのです。

湯たんぽがない場合はペットボトルでもOK。

ボトルにお湯を注ぎ、冷めにくいようにお湯でぬらしたタオルを巻き付けてビニールの袋で包みましょう。

ももに乗せると、体がじんわりと温まってくるのがわかると思います。

湯たんぽでもペットボトルでも、中に入れるお湯は40度ぐらいが適温です。

温まりすぎて汗をかくと体が冷えてしまうので、汗をかきそうになったらお尻の方に置きかたりしてください。

低温やけどにも気を付けてください。

肩こりや不眠、頭痛などにお悩みの方も、実は血行不良による冷えが隠れていることがあります。

血の巡りを促進するため、先ほどお伝えした太ももを温める以外にも、首、腰、おなか、足首などを低温でゆっくり温めてみてください。

きっと楽になると思います。

現在、湯たんぽ以外にも様々な「温めグッズ」が発売されていますが、首周りには蒸しタオルがいいでしょう。

ぬらして固く絞ったタオルをラップで包んで電子レンジで1分ほど加熱し、首の付け根などにあてます。

手足が冷えてつらいからと、手先・足先を温める人もいますが、先しか温まりません。

ももや首周り、胴体を温めるとそこから温かい血液が全身に流れ、手足も全体的に温めることができますよ。


北九州市の腰痛・膝痛・肩こり整体ならお任せ!
快整体院 北九州のご予約は093-921-5515まで
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日 :日曜日、祝祭日
所在地 :北九州市小倉南区城野4-1-3


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ