死にたくなきゃ太れ!って本当???

肥満

太ってるとメタボと言われ、不健康の代名詞のように見られますよね。

アメリカではメタボの人は、自己管理ができないとみなされて出世できないって言われているそうですよ。
だからダイエットの機械や体操がアメリカ発のものが多いの納得できますね。

しかし近年、太っているほうが長生きするという研究報告がいろいろと出るようになりました。

たくさんある「小太り長生き研究結果」!

たとえば米疾病対策センター(CDC)のKatherine M. Flegalの研究。(PubMed.gov(英文))これによると世界各地の97研究(288万人)を評価し、小太りの人は普通体重(BMI 18.5〜25未満)と比べて死亡リスクが6%低下していたそうです。

そのほかにもアメリカのノースウェスタン大学の研究結果があります。(健康があなたの健康を守る:英文)ここでは糖尿病患者のデータを調べたそうです。すると標準体重の患者の年間死亡率は1万人あたり284.8人だったのに対し、過体重・肥満とされた患者の年間死亡率は1万人あたり152.1人だという事実が分かりました。

小太りの人が長生きするという事実はThe WallStreetJournalの記事にもなっています。

アメリカだけではありません。日本でも東北大学研究グループや厚生省研究班の研究で小太りの人が一番長生きするという結果が出ています。たとえば厚生労働省の調査では、40歳の時に太り気味の人が最も長生きで、痩せた人は太り気味の人と比べて6~7年短命だという報告がされました。

また、東海大学医学部の大櫛陽一氏は、著書「メタボの罠」のなかで、小太りの人「ちょいメタ」が長生きの条件としています。
ダイエット
これだけたくさんの研究結果が出ているのを見ると少し太っているほうが長生きするのは間違いなさそうです。

私は標準体重ですが若干やせ気味に近い標準体重なので、このままだと早く死んでしまいそうで怖いです・・・。(^^;)

しかし、なぜやせ型の人より、太っているほうが長生きするんでしょうか。

いろいろな理由が考えられますが、まとめてみると下記の理由が中心のようです。

・太っているほうが健康に気をつけているので身体の異常を早期発見出来る。
・コレステロール値が高いほうが免疫力を上げる物質を体内で効率よく生産出来る。
・脂肪が多いほうが病気になったときの体力がある。
・太めのほうが免疫力が高く、感染症にもかかりにくい。

どのくらい太っていると長生きするのか?

それではどれくらい太っていると長生きするかというと、ノースウエスタン大学の研究ではBMI25~30の範囲だそうです。

BMIは= 体重kg ÷ (身長m)2で計算するので、身長170センチのひとであれば、72.25kg~86.7kgが最も長生きということになります。

これは一般的に見て、かなり太っていると言われうような数値ですが、これでもOKなんですね。(私は場合は82.81kg~99.372kg)

ただ、これはアメリカの研究結果ですので、日本人の体格だともう少し軽めの数値になりそうです。

でも実際は太っていると見かけも悪いし、夏は汗ダラダラになるし、腰痛や膝痛にもなるしとあまりいいことはないような気がします。

いろいろな生活習慣病もどんどん出てきて、長生きはするかもしれないけれど不健康な人生を送りそうですよね。

太っていて6~7年長生きするか、それともスマートになって快適な人生を送るか・・・。

あなたならどちらを選びますか。

好きなモノを好きなだけ食べて小太りになるのも悪くはないですが、わたしなら、寿命がたった6~7年くらいしか差がないのなら、やせてスマートに、モテモテになって生きたほうがいいですね。(^^)


北九州市の腰痛・膝痛・肩こり整体ならお任せ!
快整体院 北九州のご予約は093-921-5515まで
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日 :日曜日、祝祭日
所在地 :北九州市小倉南区城野4-1-3


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ