お酒は体にいいの?悪いの?

あなたはお酒が好きですか?

私は大好きです。
冷たいビール
50歳を過ぎるて生活習慣病が気になるのですが、どうしても毎日飲んでしまいます。(-_-;)

「酒は百薬の長」なんていう言葉がありますよね。

これは「酒はほどよく飲めば、どんな薬よりも健康のためによい。(『漢書』食貨志から)」という意味で使われている言葉です。

お酒好きの人は、これを飲む理由にしている人が多いかもしれませんね。

お酒を飲むと体中の血行が良くなって健康になるということですが、あくまでも「ほどよく飲めば」という話です。

お酒は薬にもなるかもしれませんが、飲みすぎると困ったことになる可能性が大きいんですよ。

それは、「お酒を大量に飲みすぎると薬が効かなくなる」ことです。

アルコール類が体内に入ると、アセトアルデヒドという毒性の高い物質が出てしまいます。

肝臓にある酵素がそれを無害なものに変えてくれるのですが、飲みすぎるとその酵素だけでは分解が間に合わなくなります。

そのとき肝臓は、「P450スーパーファミリー」と呼ばれる別の酵素を働かせるのですが、このP450という酸素は薬の解毒作用にも関係しています。

私たち人間が飲んだ薬が体内に入ると、肝臓に入った薬はP450によって解毒され、その解毒作用のおかげで薬の副作用に苦しまなくてすんでいます。

ですが、大量に飲酒を続けているとP450が増えてしまうので、それが体内に入った薬をどんどん解毒してしまうんですね。

お薬
するとどうなるか・・・当たり前ですが薬が効きにくくなってしまうんです。

高血圧や糖尿病などの薬を普段から飲んでいるけれどあまり効果がないと思っている方は、もしかしたらお酒の飲み過ぎかもしれませんよ。

「俺は普段薬を飲んでないから関係ないよ」なんて思っているあなた!

最近、英ケンブリッジ大学の研究チームが、「アルコールの摂取がDNAを損傷して、がんのリスクを高める」と科学誌『ネイチャー』に発表したのをご存じですか?

研究チームのパテル教授は「がんに関しては安全な飲酒量などない」と言っています。そして損傷したDNAは二度ともとに戻ることはないそうです。

飲酒「節度のある適度な飲酒」を心がけても、がんになるリスクが少し減る程度らしいのです。

怖いですねぇ~。だから、薬を飲んでいなくてもお酒はできるだけ飲まないほうがいいんです。

将来、飲酒の習慣がある人のガン保険は掛け金がグンと上がるかもしれませんね。

私はこの記事を読んでから2~3日は控え目に飲んでいましたが、最近また元の飲酒量に戻ってしまいました。

今、どうやって飲酒量を減らそうかと色々と試しているところです。(^_^;)


北九州市小倉南区の整体ならお任せ!
快整体院 北九州のご予約は093-921-5515まで
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日 :日曜日、祝祭日
所在地 :北九州市小倉南区城野4-1-3


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ