五十肩でお困りの方へ

四十肩・五十肩の対処法

四十・五十肩50代を中心に40代から60代あたりに多発する五十肩は、われわれの生活に大変身近な肩の疾患だといえます。

四十肩・五十肩になると、物を持ち上げようとした瞬間や、ゴルフのスイングをした瞬間に突然激痛に襲われ、それ以降方を動かすたびに強い痛み(かなり個人差はありますが)に悩まされます。

症状が重くなると、夜間寝ていても痛んできたり、朝の目覚めのときに激しい痛みが起きます。

しかしながらこのつらい四十肩・五十肩は早くて半年、遅くて2年程度で痛みは事前に改善することが多いのです。

ただ、四十肩・五十肩の発症中に適切な処置をしないとなかなか改善しなかったり、改善後も肩関節の可動域が戻らないこともよくあります。

四十肩・五十肩の状態

四十肩・五十肩になった肩関節をレントゲンで見ると、腕を横に上げたとき正常な肩に比べて肩甲骨が大きく回転し、肩関節自体が動いていません。

これは四十肩・五十肩の人に腕を上げてもらうと、腕を水平以上にあげる時、腕を肩全体であげようとするため比較的発見しやすい症状です。

四十肩・五十肩の原因

肩はいくつかの関節が組み合わさってさまざまな動きを可能にしています。

その関節は9つの強力な筋肉群によって支えられていますが、肩関節の大きな動きから来る負担が長年にわたって蓄積され、それらの筋肉群を硬くします。

その影響は筋肉と骨の結合部分である腱や筋肉群のバランスにおよび、腱の組織を傷つけて炎症を起こしたり、筋肉群のアンバランスからある1点に力が集中したりして痛みを引き起こすのです。

四十肩・五十肩の発症

進行期:
40代から50代に肩を大きく動かす機会が減り、それに伴って肩の動きが次第に悪くなる

急性期:
あるきっかけで、肩に激痛が走り、熱感や腫れがある (~5,6日まで)

慢性期:
熱感や腫れは減り、慢性痛や腕の動きの制限、患部周辺組織の癒着がおこる (7日~)

四十肩・五十肩のケア

急性期

急性期には痛みを和らげ、炎症を鎮めることを第一の目標とします。
安静にして、患部を氷などで冷やすと良いですが、マッサージをしたり、温めたりすることは逆効果になります。

慢性期

慢性期に入ると、肩の炎症は次第に治まりますので、温シップやマッサージなどで肩周りの血行をよくすることが大切になってきます。
さらに、組織の癒着を防ぐため多少痛くても肩関節の運動を積極的にしましょう。

快整体院 北九州のご予約は093-921-5515まで
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日 :日曜日、祝祭日
アクセス:整体院アクセス地図【完全予約制ですので事前にお電話ください】
ご予約の際は ★お名前 ★ご希望の日時 ★お悩みの症状 をお申し付けください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ